FC2ブログ

カレンダー

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

最新記事


プロフィール

まきけいこ

Author:まきけいこ
2003年
 船橋市議会議員選挙で市民ネットワークの代理人として初当選、2011年まで議員として活動。
 薬剤師の経験は健康福祉委員会や本会議の質疑で活かしてきた。
 建設委員会、市民環境経済委員会でも生活者、女性の視点での発言を続けてきた。

2008年~2010年
 市民ネットワーク千葉県
   共同代表(市議枠)
2010年~2014年
 市民ネットワーク千葉県
   広報室長
2014年~2018年
 市民ネットワーク千葉県
   共同代表(一般枠)
2018年~
 全国フェミニスト議員連盟共同代表

自治体学会・全国フェミニスト議員連盟 所属


最新トラックバック


2月4日の衆院予算委員会で茂木外務大臣が現在トラブルの多い、パスポートの旧姓表記を「改める」と答弁したそうだ。
これだけを読むと、いかにも改善するように思えるが、実はトラブルが解決するような「改め方」ではない。

現在、パスポートに旧姓表記をする場合、括弧で括った旧姓が記載されている。
この括弧で括ることの意味が、入国審査などで理解されにくいのだ。
茂木大臣はこれを「旧姓」であることがはっきりわかるような説明にすると答弁した。
しかし、問題はこれだけではない。

パスポートに記載される旧姓は写真のすぐ脇に書かれている。
同じページの下に国の略称と姓名、旅券番号などがアルファベットで記載されていて、
入国審査官や搭乗券を発行する航空会社はこの部分を見ているのだそうだ。
そしてここには括弧記号は使えないことになっている。
もちろん旧姓は記載されない。
ICチップにも旧姓情報は入っていないので、機械処理に旧姓は無関係だ。

「戸籍謄本などの確認のみで旧姓使用が可能になるように検討中」とも述べた外務大臣だが、
そんなことでは解決しない問題があることを知らないのだろうか。


コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | ホーム |