FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

健康で文化的な最低限度の生活

生活保護問題対策全国会議総会の記念集会がとても充実した内容だったそうです。
小田原市は「なめんなよ」ジャンパー事件の後、生活保護行政をしっかり見直しました。
記念集会のタイトルは「生活保護行政は変えられる!」。
パネリストとして、小田原市の職員や元利用者が登壇しました。
パネルディスカッションのコーディネーターだった雨宮処凛さんの報告を以下でお読みいただけます。
http://maga9.jp/180718-5/
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
カレンダー
01 | 2019/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -
プロフィール

まきけいこ

Author:まきけいこ
2003年
 船橋市議会議員選挙で市民ネットワークの代理人として初当選、2011年まで議員として活動。
 薬剤師の経験は健康福祉委員会や本会議の質疑で活かしてきた。
 建設委員会、市民環境経済委員会でも生活者、女性の視点での発言を続けてきた。

2008年~2010年
 市民ネットワーク千葉県
   共同代表(市議枠)
2010年~2014年
 市民ネットワーク千葉県
   広報室長
2014年~2018年
 市民ネットワーク千葉県
   共同代表(一般枠)
2018年~
 全国フェミニスト議員連盟共同代表

自治体学会・全国フェミニスト議員連盟 所属

検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。