FC2ブログ

政治分野における男女共同参画推進法

5月16日に成立した政治分野における男女共同参画推進法は、候補者均等法ともよばれます。
政党が候補者を擁立する際、男女が均等になることが求められているからです。
しかし、法律がその目的のために、政府や自治体に求めていることにも注目してほしいと考えています。

女性議員が少ない現状を把握するための調査と情報の収集、さらにはそのための予算措置も
国や自治体に求めています。
さらに、環境整備や人材の育成もきちんと法律に書き込まれているのです。

また、参院通過時の附帯決議では、内閣府と総務省に対し措置を求めています。
特に、推進状況の「見える化」という文言が附帯決議に入ったことは画期的といえるでしょう。
日本では、なぜ女性議員が増えなくてはいけないのかという点で、
まだまだ社会的コンセンサスがとれているとは言い難い状況です。
「見える化」という言葉は、広く社会に訴える意味で大きな力になるでしょう。
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

まきけいこ

Author:まきけいこ
2003年
 船橋市議会議員選挙で市民ネットワークの代理人として初当選、2011年まで議員として活動。
 薬剤師の経験は健康福祉委員会や本会議の質疑で活かしてきた。
 建設委員会、市民環境経済委員会でも生活者、女性の視点での発言を続けてきた。

2008年~2010年
 市民ネットワーク千葉県
   共同代表(市議枠)
2010年~2014年
 市民ネットワーク千葉県
   広報室長
2014年~2018年
 市民ネットワーク千葉県
   共同代表(一般枠)
2018年~
 全国フェミニスト議員連盟共同代表

自治体学会・全国フェミニスト議員連盟 所属

検索フォーム
QRコード
QR