家族という形

世田谷区が昨年11月に同性カップルを公認するとの報道に、
日本もようやく一歩先に踏みだしたと感じました。
同時に、住民に一番近いところにいる地方自治体だからこそできることなのだとも思いました。

行政が公認するということは、家族という形をとることで様々な行政サービスを受けられることを意味します。

今朝、新聞でこんな記事を見つけした。
-------
 日本航空(JAL)は2月から、マイレージサービス「JALマイレージバンク」で
特典を利用できる家族として、新たに同性カップルを対象に含めることを決めた。
昨年以降、東京都世田谷区や渋谷区などが同性カップルのパートナーシップを証明する書類を発行し始めた流れを受けて、
書類を提出すれば認めるという。

 ためたマイルで買った航空券の譲渡など特典を利用できるのは、配偶者と祖父母、兄弟姉妹らとしてきた。
同社は「社内でも多様な人材の活用に取り組んでおり、社会情勢を見て検討した」としている。
家族がためたマイルを特典交換の際に合算できるサービス「JALカード家族プログラム」などでも
同性カップルを家族として認める。

 一方、全日本空輸(ANA)は、「ANAマイレージクラブ」の家族向けマイレージプログラム「ANAカードファミリーマイル」で
以前から、同居を証明する住民票などがあれば、同性パートナーを家族として認めてきたという。
今後も自治体の発行する書類などの提出があれば個別に対応するとしている。

 昨年世田谷区で同性パートナーとの宣誓書の発行を受け、両社に提出した自営業、モンキー高野さん(45)は
「2人で海外旅行へよく行くので問い合わせたら、書類を見せただけで理解してもらえてうれしかった。
こうした取り組みが他の企業にも広がってほしい」と期待した。
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

まきけいこ

Author:まきけいこ
2003年
 船橋市議会議員選挙で市民ネットワークの代理人として初当選、2011年まで議員として活動。
 薬剤師の経験は健康福祉委員会や本会議の質疑で活かしてきた。
 建設委員会、市民環境経済委員会でも生活者、女性の視点での発言を続けてきた。

2008年~2010年
 市民ネットワーク千葉県
   共同代表(市議枠)
~2014年
 市民ネットワーク千葉県
   広報室長
2014年~
 市民ネットワーク千葉県
   共同代表(一般枠)

自治体学会・フェミニスト議員連盟 所属

検索フォーム
QRコード
QR