失ってはじめてわかること

千葉県にたった一つ残っていた村が、おそらく消えることになるでしょう。
長生郡長生村の首長選挙で、合併推進派の村長が誕生したのです。

57票差で2位となった石井俊雄さんは、高福祉・低負担を実践してきた人です。
乳幼児医療費の中学校3年までの無料化、人間ドックや脳ドックへの助成、国保税の低減化など、
この8年間、命と健康を守る政治に徹してきました。

さらに「脱原発世界会議」への参加、「脱原発をめざす首長会議」の呼びかけ人など、
行動派の首長さんでした。

投票率は67.06%でした。
前回の71.39%から4ポイント以上落ちています。
村民のために8年間働いてきた石井さんの功績が、選挙以降に評価し直されるとしたら、
あまりにも悲しいと思います。

あ~、本当に残念な結果でした。
Comment
Trackback
千葉県にたった一つ残っていた村が、おそらく消えることになるでしょう。長生郡長生村の首長選挙で、合併推進派の村長が誕生したのです。57票差で2位となった石井俊雄さんは、高福祉...
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

まきけいこ

Author:まきけいこ
2003年
 船橋市議会議員選挙で市民ネットワークの代理人として初当選、2011年まで議員として活動。
 薬剤師の経験は健康福祉委員会や本会議の質疑で活かしてきた。
 建設委員会、市民環境経済委員会でも生活者、女性の視点での発言を続けてきた。

2008年~2010年
 市民ネットワーク千葉県
   共同代表(市議枠)
~2014年
 市民ネットワーク千葉県
   広報室長
2014年~
 市民ネットワーク千葉県
   共同代表(一般枠)

自治体学会・フェミニスト議員連盟 所属

検索フォーム
QRコード
QR