FC2ブログ

美術館運営

毎日新聞に掲載された美術館の未来を考える座談会。
山梨県立美術館、練馬区立美術館、横浜美術館、森美術館の館長が2週にわたって語りました。

重要なのは学芸員の資質をあげること。
美術館の運営理念を実現できる制度的自由や予算、研究に専念できる人員配置が必要、とあります。
そのためには、文化庁から文化省への格上げを提言。

防衛庁が防衛省になるほうが先行した日本、文化国家とはとても言えませんね。

我が家は毎日新聞です

新聞紙を使いたいと思い、朝刊を手に取りました。

外側を外したところ、社会面トップの記事を読み直したくなりました。
----- 「メモ」 一転 「行政文書」   総務省 黒塗りで議事録開示
毎日新聞の情報公開請求に対する開示結果についての記事です。
昨日の布施裕仁さんの話(南スーダンの日報を明らかにした件)と共通のテーマです。

もう一枚を外したら眼に入ったのは、非正規社員に関した記事。
----- 即位で10連休 非正規悲鳴  月7万円減収/人手不足で「働き詰め」
ひと月のうち10日休むということは、月収が2/3になることを意味します。

さらにもう一枚を外したら、今度は社説のタイトル。
----- 消費増税と景気対策  目的がさらに薄れていく
この話も最近聞いた話題、山口二郎さんだったかしら。。。

4枚目の新聞、ようやく使えました。

疑惑ははれたのか?

甘利明議員が自民党の選対委員長に就任しました。
大臣室で建設会社から現金を受け取ったと報道され、辞任したのは2016年でした。
当該事件は不起訴にはなりました。
しかし辞任記者会見で述べられた独自調査するとの説明は、なし崩し状態。
事件の詳細はうやむやになったまま、まったく明らかにはなっていません。

実はこの事件、千葉県が舞台だったこと、ご存知の方は少ないかもしれません。
URもからみ、いわゆる土建の事件ですから、「あ~、千葉県ね~」と当時は言われたものです。

説明責任が果たされない事件はあれ以後続々と起こっています。
以前の常識だったら、何人の大臣・首相が辞任してもおかしくない事件でも、
よくわからない説明で誤魔化し、居座るケースが続いています。

「納得できるまで説明を求める」
こんな当たり前のことすら、今の日本では実現しない。
「疑惑ははれたのか?」を言い続けなくてはいけないようです。

自由という権利

自由には「~~への自由」と「~~からの自由」があるそうです。

障がいを持っていても子どもを産む自由はあります。
優生保護法との闘いはこれでした。
同時に産まない自由もあるのです。
結婚したからといって、子どもを産まなくてはいけないなんて話はありません。

自らも障がいを持つ小児科医・熊谷晋一郎さんのインタビューから
ほんの一部をご紹介しました。

経済誌もあきれた事件

YAHOOニュース経由でプレジデントオンラインの記事を読みました。

「新潮45」10月号を含め、「新潮45事件」と表現しています。
「良心に背く出版は、殺されてもせぬ事(佐藤義亮)」という新潮社創立者の言葉も紹介され、
社内からの批判も出ている経過を見れば、確かに「事件」かもしれません。

言論の自由があるとは言え、痴漢の権利まで養護する論を掲載した編集長の判断について、
その責任を問われるべきと私は思います。

プレジデントは経済関係の記事が中心と思っていました。
東洋経済のように社会的な視点に軸を置いた冊子とは違うイメージを持っていたのですが、
さすがにあきれ果てたのかもしれません。

カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

まきけいこ

Author:まきけいこ
2003年
 船橋市議会議員選挙で市民ネットワークの代理人として初当選、2011年まで議員として活動。
 薬剤師の経験は健康福祉委員会や本会議の質疑で活かしてきた。
 建設委員会、市民環境経済委員会でも生活者、女性の視点での発言を続けてきた。

2008年~2010年
 市民ネットワーク千葉県
   共同代表(市議枠)
2010年~2014年
 市民ネットワーク千葉県
   広報室長
2014年~2018年
 市民ネットワーク千葉県
   共同代表(一般枠)
2018年~
 全国フェミニスト議員連盟共同代表

自治体学会・全国フェミニスト議員連盟 所属

検索フォーム
QRコード
QR